読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広域指定暴力集団オラクルの尖兵部隊アークスの一員として

親不知は意外とすんなり抜けた。前回は熱出たり痛みで寝れなかったりしていたが、

今回は痛みもなく、歯医者から帰ってきてから元気にしている。

 

今、やっているゲームファンタシースターオンライン2(以下PSO2)について。

PSO2は大人気の国内産オンラインゲームで、登録者IDは450万を超えている。

アクション要素が強く、さらに最大12人での同時プレイや自由なキャラクリエイトなどで人気を博している。と思う。

 

プレイヤーは恒星間航行船団オラクルの惑星調査員アークスの一員という設定だ。

キャラクリエイトで50台くらいのキャラも作れるが、みな一様に新人属性を押し付けられる。これは絶対だ。ストーリー上そうなっている。

 

そんな惑星調査員アークスとして、いくつかの惑星に降り立ち、走り回りながら調査をするわけである。

 

その調査とかいうのの主な業務内容は戦闘である。戦闘してその惑星の生物や不倶戴天の敵であるところのダーカーとかいう黒いのを殺戮していくわけである。

一応、そのダーカーというのの親玉が宇宙を滅ぼすのを目的としており、ダーカーは生物を侵食し、侵食された生物は凶暴になり、害を及ぼす。ので、アークスは侵食された生物を処理せねばならないのだ。

 

そしてさらに、知的生命体がいると思われる惑星でも同様のことをし、その上資源までも略奪していく。

そしてまたさらに、処理困難な廃棄物を地中に埋め立て(彼らは封印とか言ってる)

大規模な資源採掘プラントなどを勝手に建造するは居住生物の改造実験はするわ、やりたい放題である。

ここまでのことをやっておきながら、惑星に住んでいる生物は大体、低レベルな文明しか持っていないため、技術供与などは行わない。せいぜいアークスーオラクル側が主張する「危険生物の駆除」くらいだ。

 

恐ろしい集団だ。傍から見たら正義とか何もない。やりたい放題の銀河域指定暴力団オラクルである。

 

想像してみて欲しい、ある日普通に暮らしていたら、武装した集団が勝手に家に乗り込んできて、

「お前の家から、おれらしか対処できないやばそうなものを感知した。これから駆除を行う。」

とか言って、家を荒らし回り、家財は奪われ、家族を好き放題されるのだ。

 

おおこわいこわい。

この設定を作った人は多分、俯瞰的な視点を持てないのだろう。